アスレティック・トレーナー(スポーツトレーナー)出張・育成 トライ・ワークス

有限会社トライ・ワークス

for the best athletes only トップを目指す全ての人たちへ・・・

アスレティックトレーナーオリジナル用品オンラインショップ
トライ・ワークスへのお問い合わせ
トライ・ワークス|アスレティック・トレーナー(スポーツトレーナー)出張・育成



BOJ

トライ・ワークスはBOCのプロバイダーです。


NSCAジャパン

トライ・ワークスのL.S.F.A. BasicSkills及びSafetyProvider両コースはNSCAジャパンの認定試験受験及び認定資格保持者の資格更新に有効です。


トライ・ワークスのL.S.F.A.BasicSkills及びSafetyProvider両コースは、日本トレーニング指導者協会(JATI)の継続単位付与対象講習会です。


トライ・ワークスのL.S.F.A.BasicSkills及びSafetyProvider両コースは、日本体育協会アスレティックトレーナー(JSPO-AT)資格更新のための1次救命処置(BLS)資格保持条件を満たす講習会です。



ワークショップ開催告知

トライ・ワークス 早朝トレーナーアカデミー
第4期 秋コース

早朝トレーナーアカデミーは、トレーナーや治療家としてスポーツに関わる上で必要な知識やスキルを基礎から学ぶコースです。講師自身が活動していく上で必要だと感じて研磨してきた技術や蓄積した知識を、全22回の講義にまとめました。講義は1回から参加可能です。

競技現場で即戦力として働いていきたい、
来院する競技選手に対し的確な問診や評価ができるようになりたい、
既往歴のあるクライアントへのリコンディショニングの知識が欲しい、

といった方のご参加をお待ちしています。

頭で理解し、手で学ぶ

  • スポーツ現場における外傷・障害の基礎知識 5回
  • 実践!傷害評価法 10回
  • リコンディショニング 4回
  • スポーツ現場の緊急対応に関する基礎知識 3回

水曜日 朝8:00〜9:30  単回参加可

概  要

スポーツ現場における外傷・障害の基礎知識

スポーツシーンで好発する外傷・障害の受傷機転、症状、兆候、対処法、各部位の解剖学的特徴について解説します。また講師を務めるアスレティックトレーナーが実際にその症例に出会った際に経験した選手の特徴的な訴え方、医師とのやり取りや予後についてもお話します。教科書的な理論はもちろんのこと、参考書に載りにくい実際のエピソードをできる限り交えられた解説が、この講義の特徴です。
〔解説予定の外傷・障害 例〕各関節捻挫、外反母趾、巻き爪、半月板損傷、コンパートメント症候群、骨打撲、筋挫傷、腱炎、骨化性筋炎、骨折、インピンジメント症候群、関節唇損傷、脱臼、神経障害、など

実践!傷害評価法

スポーツ傷害(外傷・障害)を疑う訴えや兆候に出会った際に必要なスキルであるH.O.P.S.(問診・視診観察・触診・スペシャルテスト)の手順を、各部位ごとに確認し、テスト法は実技練習を行います。練習を繰り返し行うことで、適切な評価者のポジションや手の当て方、関節のエンドフィール、手ごたえをつかみます。頭で学んだことを手で再確認することの重要性を実感できるクラスです。初めて遭遇する傷害に対しても正確に評価するためには。日ごろ繰り返し練習し技術を維持することが重要です。

リコンディショニング

リコンディショニングとは、なんらかの原因によりコンディションが崩れてしまった場合に、再び望ましい状態に回復させることをいいます。 刻々と変化する身体の機能を評価し、適切に微調整するための方法をご紹介します。アスリートへのトレーニング指導のみならず、痛みを抱えて来院する患者や既往歴のあるクライアントへの運動処方としても活用できるテクニックです。
〔解説予定の一例〕一般的な痛みの原因、 痛みの発生過程と運動機能障害、骨盤と股関節の運動関係、モビリティとスタビリティ、 キネティックチェーンを考える、 運動機能障害を見分けるためのスクリーニングテストと改善エクササイズ、立位姿勢について など

緊急対応に関する基礎知識

一般的な救急法講習会で学ぶ内容に加えて、備えておくべきスポーツ場面での安全管理法テクニックを解説します。知っているか知らないかで、いざというときの行動はまったく異なります。いざ、遭遇した時に備えるために、初めて学ぶ方はもちろんのこと、復習の方にもぜひ参加していただきたいクラスです。
〔解説予定の一例〕 出血の分類と処置、処置用具の工夫、ショックの種類、症状兆候を見のがさないために、スポーツフィールドでのCPRを実施上で配慮する点、 胸骨圧迫の効果へ影響するポイント、 脳震盪の基礎知識とガイドライン、 SCAT2実施方法 など

講義日・講義内容および担当講師

  • スポーツ現場における外傷・障害の基礎知識
    基本的な解剖・受傷機転・症状徴候・処置法の解説(座学)
    第1回 2014年10月15日(水)足部・足関節
    第2回 2014年10月22日(水)下腿・膝関節
    第3回 2014年10月29日(水)大腿部・股関節
    第4回 2014年11月5日(水) 肩甲帯
    第5回 2014年11月12日(水)肘関節・前腕部・手関節・手部
    加古円(ATC)、永井宏和(ATC)、宮崎俊太郎(ATC)
  • 実践!傷害評価法
    問診・視診・観察・触診・スペシャルテスト(実技)
    第6回 2014年11月19日(水)頚部(1)
    第7回 2014年11月26日(水)頚部(2)
    第8回 2014年12月3日(水)腰部(1)
    第9回 2014年12月10日(水)腰部(2)
    第10回 2014年12月17日(水)膝関節
    第11回 2014年12月24日(水)足関節
    第12回 2015年1月7日(水)足部・股関節
    第13回 2015年1月14日(水)肩甲帯
    第14回 2015年1月21日(水)肩甲帯・肘関節・前腕部
    第15回 2015年1月28日(水)手関節・手部
    大木学(ATC)、藤原和朗(JSPO-AT)、加古円(ATC)、遠藤大介(JSPO-AT)
  • リコンディショニング
    問題点抽出のためのスクリーニングと姿勢評価法からトレーニングやエクササイズによる基本的なリコンディショニング進め方(実技)
    第16回 2015年2月4日(水)コア(1)
    第17回 2015年2月18日(水)コア(2)
    第18回 2015年2月25日(水)下肢
    第19回 2015年3月4日(水)上肢
    角 勝義(JSPO-AT)、和光努(JSPO-AT)
  • スポーツ現場の緊急対応に関する基礎知識
    起こりうる緊急時への対応法(実技)
    第20回 2015年3月11日(水)CPR:スポーツフィールドでの胸骨圧迫について
    第21回 2015年3月18日(水)止血とショック管理
    第22回 2015年3月25日(水)脳震盪:SCAT2の実施方法
    大木学(ATC)、遠藤大介(JSPO-AT)、林川将吾(ATC)

担当講師は予告なく変更になる場合もあります。ご了承ください。
全22回を参加された方には早朝トレーナーアカデミー修了証をお渡します。

ワークショップ参加お申し込みはこちらから
日  時 第1回 2014年10月15日(水)
第2回 2014年10月22日(水)
第3回 2014年10月29日(水)
第4回 2014年11月5日(水)
第5回 2014年11月12日(水)
第6回 2014年11月19日(水)
第7回 2014年11月26日(水)
第8回 2014年12月3日(水)
第9回 2014年12月10日(水)
第10回 2014年12月17日(水)
第11回 2014年12月24日(水)
第12回 2015年1月7日(水)
第13回 2015年1月14日(水)
第14回 2015年1月21日(水)
第15回 2015年1月28日(水)
第16回 2015年2月4日(水)
第17回 2015年2月18日(水)
第18回 2015年2月25日(水)
第19回 2015年3月4日(水)
第20回 2015年3月11日(水)
第21回 2015年3月18日(水)
第22回 2015年3月25日(水)
8時00分〜9時30分 受付7:45〜
参加対象 アスレティックトレーナー、学生トレーナー、鍼灸師、柔道整復師、理学療法士、フィットネストレーナー、パーソナルトレーナー、S&Cトレーナー、スポーツ傷害やその対応法を学びたい指導者 など
(参加資格は問いません)
受 講 料 全22回同時申込:55,000円(税抜)59,400円(税込)
15回同時申込:39,000円(税抜)42,120円(税込)
10回同時申込:27,000(税抜)29,160円(税込)
5回同時申込:14,000円(税抜)15,120円(税込)
各回:3,000円(税抜)3,240円(税込)
参加申込フォームでお申し込み回をお選びください。 回数に応じて合計受講料をお知らせいたします。
キャンセル料 キャンセル料は下記の状況になった場合発生します。
ワークショップ開催日時より31日〜40日前までに受講をキャンセルした場合は受講料の全額払い戻しがありますが、開催日時より1日〜30日前までに受講をキャンセルした場合は受講料の30%のキャンセル料が発生します。
またワークショップがキャンセルになった場合は、受講料の全額が払い戻されます。
※本ワークショップは最少開催人数を15名とし、人数に達しない場合は開催をキャンセルいたします。
申込〆切 全回同時申込 2014年10月10日(金)
各回申込 各回開催日前週の金曜15:00まで
定  員 先着15名様迄
服  装 実技がありますので、動きやすい服装をご用意ください。
会  場 ATR半蔵門地図
東京都千代田区麹町1-10 澤田麹町ビル7階
東京メトロ半蔵門線 半蔵門駅3a番出口より徒歩1分
東京メトロ有楽町線 麹町駅3番出口より徒歩5分
半蔵門駅3a番出口を出て右方向。ファミリーマートのある交差点を右折。内堀通りに向かって100m程度直進すると左手に「澤田麹町ビル」があります。
同じビルに、「半蔵門心療クリニック」「台湾貿易センター東京事務所」が入っています。
logo

問い合わせ/(有)トライ・ワークス
TEL:03-3288-0141 FAX:03-3288-6257
E-mail:workshop@tryworks.co.jp 担当:カコ、カワイ