アスレティック・トレーナー(スポーツトレーナー)出張・育成 トライ・ワークス

有限会社トライ・ワークス

for the best athletes only トップを目指す全ての人たちへ・・・

アスレティックトレーナーオリジナル用品オンラインショップ
トライ・ワークスへのお問い合わせ
トライ・ワークス|アスレティック・トレーナー(スポーツトレーナー)出張・育成



BOJ

トライ・ワークスはBOCのプロバイダーです。


NSCAジャパン

トライ・ワークスのL.S.F.A. BasicSkills及びSafetyProvider両コースはNSCAジャパンの認定試験受験及び認定資格保持者の資格更新に有効です。


トライ・ワークスのL.S.F.A.BasicSkills及びSafetyProvider両コースは、日本トレーニング指導者協会(JATI)の継続単位付与対象講習会です。


トライ・ワークスのL.S.F.A.BasicSkills及びSafetyProvider両コースは、日本体育協会アスレティックトレーナー(JSPO-AT)資格更新のための1次救命処置(BLS)資格保持条件を満たす講習会です。



ワークショップ

ワークショップ開催報告

スポーツ慢性障害の評価と対策法−身体の動きを意識して

2005年11月13日(日)に日本スポーツコンディショニング学院(東京都中央区)にて渡部 賢一先生をお招きしてワークショップを開催しました。

TRY WORKSワークショップの今回のテーマは「肩のファンクショナル・トレーニング」。肩関節の機能的な部分をクローズアップし、機能解剖、評価方法、トレーニングに関する内容を行いました。
午前の部は講義を中心に進められ、「肩関節の安定性機構」、「肩甲帯の機能解剖と投球動作における役割」をテーマに、支持機構、バイオメカニクスなどについての基礎的なことを学びました。

午後の部では実習を中心に「肩関節の不安定性評価とローテータカフの強化」、「肩甲骨の機能評価と肩甲骨周囲筋の強化エクササイズ」について、午前の講義を踏まえ、実際に評価やエクササイズを行いました。

実習部分が多く、評価では多くの人の肩に触れて頂くことができ、参加者の方から好評を頂きました。また、専門職の方々への再教育プログラムとして、新たな知見を加えた、充実したワークショップとなりました。

【日  時】2005年11月13日【日】 10:00-16:30
【会  場】日本スポーツコンディショニング学院
【参加人数】21名
ワークショップ当日の模様